さもとら家のミケ

よく悩む人

家族は無料

支出が重なりかなり情けない財政状況になってしまった。まだローンはない(奨学金はある)。来月1ヶ月どう過ごしたらいいのかわからない。遊びにもいけない、食べるものも買えない。こうなってしまって真っ先に思った対処法が一時的に実家にかえって親のすねをかじる、だ。情けない。私がこんな状況とは知らずに(まだ言ってないので)母と弟がうちに遊びにきた。短い滞在でとりとめもない会話をしただけだったが、なんだか癒された気持ちになった。ここで思った、家族はタダでもらえるエンタメなんだと。私はずっと今日何があったの?テレビは何つける?といった家族の団らんの時間の会話がめんどくさかったし、親戚が集まる席などで話題にされると人の人生をエンタメにするなと内心怒っていた。だが自分もそうだったのだ。母と、弟と話して救われてしまったのだ。「家族がいれば大丈夫」と思ってしまったのだ。なんでいちいち私の行動を報告しなければならないのか、なんで話の種にされて一緒になって笑わなければいけないのかずっと疑問だったが、彼らは純粋に私と話して楽しかったのだ。もちろん家族を作ること、家族で暮らしていくことはお金がかかることだが、継続的に安定して楽しさの供給が得られると思うと安いものだ。世の中の人はこれを求めていたのか。結婚したいと言う人も子供がほしいと言う人も、付き合っている人がいないと不安だと言う人も、私には理解できなかったが求めていたのはこれか。友達関係でも会って話して相談したりすることはできるが、家族と会うより圧倒的に時間と金銭のコストがかかってしまうし、かけないとこちらとしても申し訳ない。いつ会える?どこで会おうか、行きたかったカフェがあるんだけど、という段取りをすっとばして、家に帰れば・朝起きたらそこにいて湯飲み一つで実はさ、と切り出せるのは実質タダである。結婚して友達とまったく会わなくなる人はどれだけ相手のこと好きなんだ、相手とだけいてつまらなくないのかと思っていたが、好きだけでなくコスパがいいからなのだ。世の中の心理にひとつ触れた。

母の愚痴

ここ数年、母はずっとずっと何かに怒っている。パート先の悪待遇、人間関係、父親(自身の夫)の愚痴、義母の愚痴、弟(自身の息子)の愚痴。聞いているだけで疲れるしこちらが悲しくなる。あなたがこきおろしている夫、息子、義母は全て私と血がつながっている。個人個人は別物だとわかっていても、同じ血が流れる私まで否定されたような気持ちになる。あなたの夫はあなたが選んだのではないのか?あなたの娘・息子はあなたが決めて生んで育ててきたのではないのか?私に言ってどうしたいのか?パート先も、嫌なら変えればいいのに。簡単に変えられるものではない?なら耐えるしかない。私にどうしろというのか?

私だって母に愚痴を聞いてもらうことはある。だが最近の母は度がすぎる。旅先まで新幹線に乗る二時間半、ずーーっと愚痴。人生の不満。脈絡なくくるLINE。愚痴。ランチをしていて、愚痴。私に会いたいのではなくて、愚痴を聞かせたいのだ。百歩譲ってパート先の愚痴はいい。しかし家族の愚痴を私にされると、私が解決してあげなければいけないのかと思ってしまう。とんでもない。そんなことはできない。

父親のことをバカという母。そのバカの遺伝子が私に入ってしまってるんですけど、その私にどうしてほしいのですか。片付けをしない、家にお金を入れない弟。もう社会人なんだから、あなたが出ていけと言えば出ていかせられるのではないの?いつまで子育てしているの?私が姉だから姉から言わなければいけないの?私が実家に戻って弟をしからなければいけないの?片付けをしないのはもうずっとそのままなのに、なんで今さらそんなに怒っているの?怒ったところで直らないのはもう分かっているでしょう。あなたの夫がバカなのだって、あなたが一番長く一緒にいるのだからもう分かっているでしょう。なんでそんなに新鮮に毎日毎日毎日毎日怒れるの?私だって父は好きではないけど、だからといって母と一緒になって愚痴を言いたくない。言うほど今は関わりがないし、これからも関わりたくないし、最近は同情すら覚えた。お母さん、私を愚痴の共犯者にするのはやめてくれ。

母の愚痴を止めることが私の精神安定、この悩みからの解放になるのだが、私がどうしたらいいのかという方向で考えると、私が家族の問題全てに足をつっこんで解決しないといけなくなる。そんなことは絶対いやだ。解決してほしくて私に愚痴を言ってきているとしたら最悪だ。巻き込まないでほしい。

問題は私が母を捨てきれないことだ。愚痴を聞きたくない、悩みたくない、本気で縁を切るなら、遠くに住み、連絡も見なければいい。だがそこまでではない。愚痴を聞かされるのは嫌だが、養ってくれなかったわけではないし毒親とまでは思っていない。でも、それはそれとして、会うと鬱屈した気分になるので母に会いたくない。父にも会いたくない。弟は勝手に自立して生きてくれ。私は「愚痴しか言わない母親」には会いたくないのだ。

母はきっと家が嫌なのだ。私は嫌だから家を出た。母は出られない。私はもう社会人で、長子だから、母を救ってあげなければいけないのか?救ってあげられるほどの稼ぎと優しさを持たない私がいけないのか?母は愚痴という形で私を糾弾しているのか?いやだ。関わりたくない。

 

なぜ父が嫌いか

件のNGTの事件を受け、「(暴行が)嫌なら抵抗すればよかったのに」「自衛が足りない」という、お決まりの何言ってんだこいつ意見が散見し、自分が父を嫌いになったきっかけかなと思われる事を思い出した。

小学校4~6年生くらいのとき、家で父と遊んでいてくすぐり合いになった。私はくすぐりに弱いのですぐ笑ってしまうが、長くされると不快である。私は畳の上を転がりまわり、父は中腰で上から手を伸ばしてくすぐってくる。止めてと言っても止めない。多分父から見たら顔が笑っているし、くすぐるほうは面白いだろう。しつこくくすぐってくる。私はキレて父を蹴ろうとするが、足が短くて届かないし、威力が足りない。止めてくれない父。むかつく。嫌いだ。…多分ここからではないかと思った。もともと記憶力がなくて昔のことを覚えない質なのだが、小学校低学年くらいまでは父の仕事の帰りを気にしたり、一緒に買い物に行ったり、嫌いではなかった気がする。この「くすぐりが嫌だった」という記憶から今までずっと父に良い感情を抱いたことがない。反抗する気もなく、休日は父が家にいるから嫌だな、自分はでかけようかなという感情でここまできた。関わるとめんどくさい、おもしろくない人という認識。人からみたら、なんだくすぐりくらい。子供と遊んであげていいじゃないか。と思われるだろうが、私にとっては「殺したかったのに自分の力がないせいで殺せなかった」くらいの気持ちだ。しかもその「力」とは「父親としての家庭内権力」と「男性性の持つ身体の強さ」を指すので、女で父の子供である私には一生持てない「力」なのである。自分の足が空を切る虚しさ、蹴りが当たったのに手応えがない、止めてくれない不安。苛立ち。父は知る由もないだろう。「自分の子供と遊んだだけ」だから。私は「父親に遊んでもらっただけ」だから父を罰することができない。悔しい。むかつく。

もし父ではなく、襲ってくる犯罪者だったら?まず蹴りを入れたところで蹴るなよ~という笑顔ではなく倍以上の力の暴力が返ってくるだろう。笑顔が返ってきたらそれはそれで腹立たしいのだが、行為を止めてはくれないだろう。よく言うではないか、「無駄な抵抗はやめろ」と。多くの女性は、男性に対し「力」で勝とうとすること=抵抗することが無駄なことだと知っている。生物として勝てる見込みがないからだ。勝てる女性もいると思うが、それを基準にするのは違うし、強い女性だからといって襲っていいわけではない。言語や知性というある程度普遍的な能力をお互い持っているにも関わらず、生物的に優位な力を使って押し通すことがどれだけ相手を不快にさせるか。言葉が通じないと感じたらもう話しかけない。それは迎合しているのではなく軽蔑し排除しているのだ。私が止めてと言ったとき、きちんと止めてくれていれば、ちゃんと父を慕う娘ができたかもしれないのにね。残念だったね。

仕事について

2回目の転職をした。転職エージェントさんに言われたことでひっかかったことがある。

私が言った「休日に仕事のことを考えるのが嫌なんです、仕事のために勉強するのも自分の時間を使うのも嫌なんです。」に対しての返しが

「少なからずどの仕事でもそうなると思いますけど」

 

言いたいことはわかる。言われたことだけやる、向上心がないまま働くのではお前の望むような年収の得られる仕事はない、正社員でそんな仕事はない、ということだ。わかる。

でも私は勤務時間以外は仕事のことを考えたくない。むしろなぜ世の中の多くの人がそういった状況で生きていけるのかがわからない。四六時中仕事のことを考えていても幸せな人もいるだろう、ただし少なくとも私の知る世界では一握りだ。それなのにどうして止めない?どうして続けられる?

平均8時間働くとして、睡眠の次に多く人生の時間を費やすだろう。それをなぜ「仕事」にしなければいけない?人生の多くの時間を費やしたい!と思えるような仕事がわからないし、自分の興味が仕事に落とし込めない。「仕事が嫌、毎日つらい」と言うと、「みんなそうだよ、やりたいことを仕事にしている人なんで少数だよ、気にしすぎだよ」と言われる。みんな我慢しているからといって、なんで私まで我慢しないといけない?

1日8時間、または休日も費やしてまでやりたい仕事がわからない→ではやりたい仕事でなくてもいいから、8時間で完結する仕事がいい→そんな仕事はない(あってもそれだけでは生活できない)→ふりだしにもどる

前の仕事はとても楽で、つらいということはなかったが、その分お給料も安く4時間で終わる仕事を8時間に希釈しなければいけない仕事だった。私の時間を返してくれと毎日思っていた。

前の前の仕事は休日にも社用携帯に連絡がくるし数値管理をしなければいけない仕事だった。休みの日も意識が職場にあるのがほんとうに嫌だった。ここでも思った、私の時間を返してと。

どうしてみんな仕事に自分の時間を、精神を取られることに耐えられる?どうして?

本当に楽しいと思える仕事に就いている人はいい、だが「そうでない人が大半だよ」と言う割に世間はそうあること(人生の中心を仕事に置き、それを苦としないこと)を強要してくるように感じる。どうしてできる?どうして?

映画の感想と最近の疑問

※素人が思ったこと言ってるだけなので気にしないでください

LA・LA・LAMDみてきた。けど私にははまらなかった。よくあるお話じゃない?ふたりとも仕事見つかってよかったねーて感じ。ミュージカル映画というにはダンス少なくない?なんで「映画」にしなきゃいけなかったの?舞台じゃだめだったの?

この感想は私が普段からミュージカルが好きで映画をあまり見ない&理解していないからだと思う。私はアイドルのライブやクラシックコンサートやミュージカルが好きだ。その日その時その場所でしか消費できない娯楽が好きだ。映画は莫大な予算や時間をかけて何回も撮りなおして編集して作る。出来上がったものが世界中の映画館で繰り返し見られる。多くの人が共有できる。でも、だったら5000円くらい払うから撮影中の現場に1時間おじゃまさせてほしいと思ってしまうのだ。何度見てもミアは声が裏返らないしセブは同じ場所にアレンジをいれる。別にミュージカルに毎回アドリブがあるわけではないが、今日は喉の調子が悪そうだったけど最後まで演じてくれた、とか、ピアノのソロを固唾をのんで見守ったりとか、ダンスシーンで床と靴が擦れる音とか、そういうのがいいのだ。

話は変わるが、人と人が付き合うとはどういう現象だろうか。セブがでてきたとき、私はうわこの人嫌いだと思った。姉の忠告を聞かない、人の話を聞かない、お金を稼がない。でもミアと付き合った。ミアだってはじめはキモ男とか言っていた。私は始めから最後まできちんと見ていたはずなのに、くっついた流れを思い出せない(宙に浮いたのは覚えている)。たぶん理解できなかったからだ。なんでキモ男と宙に浮くまでの過程を経たのか?なんで再度会おうと思ったのか、キモ男の言うことに耳を貸そうと思ったのか?ほんとはきもいと思ってなかったから?印象が切り替わる瞬間てなんだろう。

私は「成功する前の」セブみたいな人と付き合いたくない。だらしない人、リアリストでない人、甘えてくる人は好きではない。私には弟がいるが、弟の生態がとても嫌いである。まずリビングや玄関など家族の共有スペースに私物を置いて散らかす。母に起こしてもらわないと起きれない。偏食で健康を気にしない。こんなやつとは絶対につきあいたくねえ、もっと自立した人とつきあいたいと思っていた。自立した人とは、自分で自分の部屋を片付け、朝ごはんを用意し食べ、自力で職場に向かい、仕事を終えて帰り、年相応の収入があり自分の趣味を持っている人である。

しかし最近は、

・男(私の恋愛対象は男なので)は誰でもどこかしら弟みたいなところがあるのではないか

・自立した人は自立した人を好むので私は恋愛対象にならないのではないか

という疑問が頭から離れない。とくに2点目は確定、というか今の自分がコンプレックスにしているだけなのだが。今私は自活はしているが、金銭的に厳しい。

誰もが完璧じゃないのはわかっている。自分だって程遠い。でも弟みたいなのとは付き合いたくない。甘えられたくない。自分のことは自分でやってほしい。じゃあ結婚てなんだろう。共同生活とは。どうしても旧時代的な仕事量が少ない人が家事を多めにやるみたいな考えが抜けないのだが、夫婦で世帯年収1000万だよみたいな方々はどういう暮らしをしているんですか。そこが想像できない時点で私の思想と資産の貧しさがうかがえるだろう。私は自分のことを「仕事量が少ないので家事を多めにやらないといけない人」だと思っているのに、「家事は自分でやってほしい、甘えないでほしい」と思っているので、自分で自分の存在意義をなくしているのである。どうしたいんだよまじで。

まず自力で稼ぎを多くして「自分は稼ぎが少ないからその分家事をするのでおうちに置いてください」的な思想をやめるところから始めなければいけないことはわかっているが、したい仕事がない。稼げる(稼げそうな)仕事の中で自分ができそうなことがない。前職は総合職の営業をしていてお給料もきちんともらっていたが、取引先に交渉に行くのも、自分より年上のパートを部下としてまとめるのも、毎日黒いスーツを着るのも本当に嫌だった。営業という名がつくものは二度とやりたくない。こういうことを言うとコンサル系、外資系、バリキャリ、フリーランス等素晴らしく自立したお姉さま方から自己分析が足りない、工夫が足りない、平たくいうと意識が低い、決断力がない、実行力もないといったお言葉を頂戴するのは重々承知である。でもやりたくない。

話がだいぶ逸れたが、私は序盤のセブが嫌いだが相手も仕事も見つけられない私は序盤のセブよりやばいしきもいぞということである。

お題スロット:ポケモンGO

お題「ポケモンGO」

みごとに3日続かなかった。途中まで書いていたのでこちらはおとといのお題である。

昨年配信されたポケモンGO、私もご多分にもれずダウンロードした。しかし持前のあきっぽさ、根性のなさを発揮しジムリーダーに勝てるまでレベルを上げるのが面倒になりやめた。まだアプリは消していない。ここにつかまえたポケモンたちがいると思うと消せない。ちなみにポケモン無印世代ではじめのソフトは緑である。(Lv50くらいのギリギリ四天王に勝てるメンツで一度殿堂入りをしたら151匹揃えずにやらなくなった。)

「私あんまりやってないよ」みたいな出だしで始めたが、家族の中では一番やっていたし、一番はしゃいでいた。白黒のゲームボーイで見ていたポケモンスマホでどこでも捕まえられるのである。一通り楽しんだが、家の周りにポケストップが無さすぎて悲しくもなった。

ポケモンGOに使われたARという技術だが、似た言葉にVRがある。私の身近で言うとV6が新曲の特典にVR映像を付けたり、赤西仁がライブDVDの特典に付けたりしている。激震である。岡田くんが自室の安物のカーペットの上を闊歩し赤西がステップを踏みまくるのである。人は目から多くの情報を得ているというが、その状況を見てまず思うことは「部屋の掃除をしなくては」である。ジャニーズ様を薄汚れた部屋の中をお通しするわけにはいかない。人からもらったよくわからない置物などもテレビ台からどかしたほうが良い。実際は、私がイメージしていたのはどちらかというとARで、VR特典は自分がライブ会場にいるように見えるほうだった。

こうなったら推しのアイドルが家で生活しているように思える映像を作成してほしい。毎朝決まった時間に声をかけて起こしてくれ、いってらっしゃいと送り出してくれる。むしろこっちに一切からみがなくてもいい。映像だから自分がタイミングを合わせないと掛け合いができない。生活が規則正しくなり、推しに見えているという意識で毎日現場入りレベルで顔を作り、部屋は掃除され、世界が輝いて見えるだろう。買うしかない。

しかしあくまで仮想現実だ。実生活に支障をきたしてはならない。一通り楽しんで現実に戻ってこないとマニアにも難解なシュルレアリスム特典ができてしまうかもしれない。

[http:// :title]

お題スロット:貯金の方法

お題「貯金の方法」

昨日お題スロットに則りブログを書くと宣言したばかりだが2日目にして詰んだ。お題は「貯金の方法」だ。こっちが教えてほしい。

申し訳程度に私の貯金方法を書くが、結論から言うと支出が収入に見合っていないので貯まっていない。月初に貯金したお金を1か月かけてちびちびと引き出してしまうのである。だったらはじめから貯金しなければいいのだが、「貯金した」という行為が大切なのである。私は確かに毎月貯金している。えらい。(但し貯金とは生活口座から貯金口座にお金を移すことを言い、残っているかは問題ではない。)貯金先の口座はカードや公共料金の引き落とし口座とは別にし、金利が高く家からATMが遠い銀行にしている。にもかかわらずこの有様だ。

悲しくなってきたのでアイドルの話をしたい。私は貯金が趣味だったりお金が好きなアイドル(2次元も3次元も)が好きだ。アイドルなのにお金の話をするなんて、と思う方もいるかもしれないが、私はしっかりしてるなと好意的に思う。アイドルという仕事は夢をたくさんの人に売っているのだ、売っているなら対価を受け取って当然である。「俺の歌でみんなを笑顔にしてえ」「いつか武道館でライブしたい」などといい6帖一間のアパートに住み駅前で流行りの曲をカラオケよろしく歌っている男(34)より1億倍いい。「いくつになっても夢を追っている姿が素敵」「夢でお金を取るなんてけしからん」という人とは残念ながら趣旨違いなので、私は置いて駅前に行ってギターケースに10円を投げ入れてきてあげてほしい。

貯金ができるということは、私のような収支を鑑みない人間ではなく、しっかりと働き、そして使いずぎないという節制を保てる人間であるという証であり、つまり顔もよく歌もダンスもでき貯金もできるアイドルというものは人類最強である。来来来世くらいに奇跡が起きて超絶美人に生まれかわったら結婚してほしい。今世では私が死ぬまでに死なないでほしい。

[http:// :title]