お題スロット:貯金の方法

お題「貯金の方法」

昨日お題スロットに則りブログを書くと宣言したばかりだが2日目にして詰んだ。お題は「貯金の方法」だ。こっちが教えてほしい。

申し訳程度に私の貯金方法を書くが、結論から言うと支出が収入に見合っていないので貯まっていない。月初に貯金したお金を1か月かけてちびちびと引き出してしまうのである。だったらはじめから貯金しなければいいのだが、「貯金した」という行為が大切なのである。私は確かに毎月貯金している。えらい。(但し貯金とは生活口座から貯金口座にお金を移すことを言い、残っているかは問題ではない。)貯金先の口座はカードや公共料金の引き落とし口座とは別にし、金利が高く家からATMが遠い銀行にしている。にもかかわらずこの有様だ。

悲しくなってきたのでアイドルの話をしたい。私は貯金が趣味だったりお金が好きなアイドル(2次元も3次元も)が好きだ。アイドルなのにお金の話をするなんて、と思う方もいるかもしれないが、私はしっかりしてるなと好意的に思う。アイドルという仕事は夢をたくさんの人に売っているのだ、売っているなら対価を受け取って当然である。「俺の歌でみんなを笑顔にしてえ」「いつか武道館でライブしたい」などといい6帖一間のアパートに住み駅前で流行りの曲をカラオケよろしく歌っている男(34)より1億倍いい。「いくつになっても夢を追っている姿が素敵」「夢でお金を取るなんてけしからん」という人とは残念ながら趣旨違いなので、私は置いて駅前に行ってギターケースに10円を投げ入れてきてあげてほしい。

貯金ができるということは、私のような収支を鑑みない人間ではなく、しっかりと働き、そして使いずぎないという節制を保てる人間であるという証であり、つまり顔もよく歌もダンスもでき貯金もできるアイドルというものは人類最強である。来来来世くらいに奇跡が起きて超絶美人に生まれかわったら結婚してほしい。今世では私が死ぬまでに死なないでほしい。

[http:// :title]